【話題】日本に社畜が多い理由と脱却方法とは・・・


社畜とは?

社畜とは主に、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤も厭わない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものです。
ではなぜ日本にはそんな社畜文化があるのでしょうか・・・

上司に反抗しない

学校に通っているときから先生や先輩に歯向かってはいけないというルールが刷り込まれますよね。
そのため会社に入っても上司に歯向かうことなく理不尽な要求や叱責を受け入れてしまうのだそうです。

集団主義

個人よりも集団を優先させてしまう文化もあります。「他人に迷惑を掛けない」というのを念頭に動いているので、疲れていても集団を優先させて無理してしまうようです。

副業禁止

日本の会社には副業禁止の会社が多いため、収入源が1か所に限定され会社依存が強くなり社畜化するようです。

社畜からどうやって脱却するか?

では、どうやって社畜を脱却するのか・・・社畜のままでいると、会社が潰れてしまったとき一緒に潰れてしまうなど、自分へのダメージも大きいので、できるかぎり社畜から脱却しなければなりません。今回は社畜を脱却するポイントもお伝えしていきます。

収入源を増やす

まず、最初におすすめするのが資産運用。会社のお給料だけに依存しないことが大切です。

会社と関わる時間を減らす

サラリーマンは会社で過ごす時間がとても多いですよね。これに残業まですると、ますます自分の世界が会社中心となります。

本業以外にやることを増やせれば、本業の事を明日に持ち越すことも少なくなります。これは仕事内容だけではなく趣味とかでもOK。

NOと言う勇気を持つ

あなたは上司の無茶な提案、命令を断れますか?ちゃんと自分の考えを持って、嫌なときはNO!と言うべきです。

いきなりNO!と言うのは難しいと思います。ただ、なんでも受けていると抱える仕事がおろそかになり逆に迷惑をかける場合もあります。

年収1,000万円以上を得る

具体的なお金のことですが、この年収帯になれれば、月25万程度は資産運用に当てられるそうです。あとは自信の面ですね!もちろん簡単ではありませんが、ある種のステータスなので目標にしてみるだけでもいいのでは?

公式SNSをフォローして最新記事をチェック!

■ BAKUWARO・人気記事
■ BAKUWARO・カテゴリー
トップへ戻る