車で真冬の川に転落した男性。「Siri、電話で通報して!!!!」


「Siri、電話で通報して!」

アイオワ州の真冬の冷たい川に車が転落してしまいました。
沈んでいく車、水圧で開かない扉、1分1秒を争う絶体絶命なこの状況。救助を呼ぼうにも、転落した衝撃でスマートフォンがどこに行ったか分かりません。

そんな状況で彼が取った行動が…

(以下、the us postsより抜粋▼)

10代若者の「シリ、911に電話」という叫びが、彼の車が凍った川に飛び込んでしまった際、この考えが彼の命を救った。
18歳のゲール・サルシドは、彼のジープが道路上の氷の塊にぶつかり、凍るようなウィネバゴ川に進路を変えたときに、アイオワの大学で授業をしていました。彼のジープが沈むことを恐れて、彼は窓を転がり落ちて、それから彼の電話を探し始めました。彼は自分の電話がどこにあるのかわからないことに気づいたとき、Siriを使って911に電話しました。
「それは恐ろしいことで、私は死ぬだろうと思ったが、神に感謝したことは何も悪いことではなかった」とサルシドはサンオンラインに語った。

ウィネバゴ川の強い潮流が運転席のドアを閉ざしていたため、消防士がメイソンシティから到着し、反対の乗客の側から車に近づきました。
the us posts

「Siri、911に電話して!」

とっさに彼は叫びました。
その叫びにiPhoneの音声アシストSiriが反応し、救助の電話をかけることができたのです。
救急車で病院に運ばれたサルシドさんは、真冬の冷たい川に落ちたことなどでショック症状はあったものの、命に別状はなくその日のうちに帰宅できたとのこと。

平和が一番ですが、両手が使えない、離れた場所にあって直接操作できないなど、いざという時に”音声アシスタントで通報できる”ということをみなさんも頭に入れておいてくださいね!

(References:the us posts)

おすすめ記事

放たれた矢をスマホでガードするというミラクルが起きる・・・!!!
【動画】Appleのセキュリティ緩すぎ・・・ザ・たっちの二人がiPhone Xの顔認証攻略!!!
3時間で売り上げ340万円!タイの男性がFBで干物を販売して大儲け
トップへ戻る