【悲報】コロナがおさまらないうちに別の病気が流行るかもしれない・・・


別の猛威が迫っている?

新型コロナウイルスが世界で流行中のなか、別の猛威が蔓延しはじめているかもしれません。

それは、デング熱です。いまラテンアメリカを中心に流行中とのこと。

デング熱とは

デング熱は蚊が媒介する病気です。デング熱は、激しい関節痛のため「骨折熱」とも呼ばれ、たいへん危険な病気です。これから夏になる日本でも流行ってしまうんではないかと怖くなりますね。幸いなのか、人から人へはうつらないそうなので、そこは安心できますが・・・

世界の現状は

パラグアイ、エクアドル、コロンビアなどの国では、デング熱の症状に苦しんでいる人々が、コロナウイルスにかかるのではないかと心配して病院に行くことを拒否した事例が報告されています。

パナマとコスタリカは、みんながコロナウイルスへの取り組みに集中している間、デング熱が人々を殺しているという懸念を表明しているそうです。

なんと2020年はデング熱の患者が増えると予想されているとのこと。これが本当になってしまったら、やばそう・・・。

コロナウイルスも流行している中で、別の猛威が現れたとなると大変ことです。みなさんも十分に気をつけましょう。

References :dailystar

トップへ戻る