【動画】丸二日間救命胴衣だけで海に浮かんでいた男性、漂着した携帯電話により無事救出される!

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

漂着した携帯電話によって救出されたカヤック愛好家

アメリカ・フロリダ州南部の湿地帯をカヤックで独り旅していた男性(67歳)が遭難し、消息不明となっていました。
ところが、その男性の携帯電話が岸に漂着しているのを発見。その座標データから居場所が割り出されて、無事に救出されるという奇跡の出来事が起こりました。

(以下、INDEPENDENTより抜粋▼)

1月29日からフロリダ州エバーグレーズで迷子になった67歳のカヤッカーは、彼の電話が岸に打ち上げられ、救助者を最後の場所に連れて行って救助されました。
バージニア州ウィリアムズバーグのマークミーレは、1月22日にカヤックの単独旅行に出発し、1週間後に戻ってきました。

ナポリデイリーニュースによると、彼が帰宅してから4日後、ミーレ氏の電話と財布が入ったバッグがロペス川のほとりで洗い流されました。国立公園のレンジャーがバッグを見つけました。レンジャーはコリアー郡保安官事務所およびフロリダ魚類野生生物保護委員会と協力してミーレ氏を見つけました。
法執行官は、ミーレ氏の電話で見つかったデータを使用して、彼の最新の座標を決定しました。保安官のオフィスは、データを使用して検索エリアに焦点を合わせました。
INDEPENDENT

救助されたのはバージニア州に在住の男性(67歳)。

月末に消息が途絶えてから5日が経過したころ、公園管理者が彼の携帯電話と所持品が岸に漂着しているのを発見。
携帯電話にその数日前の座標データが残っていたことから捜索地域を絞り込み、漂着地点から数マイル離れた場所で男性を見つけることができたそうです。

救命胴衣だけで丸2日間海に浮かんでいた男性は、脱水、低体温、けいれんなどの症状はあったものの、命に別状はなく病院に搬送された後は安定しているのだそう。

(References:INDEPENDENT)

おすすめ記事

車で真冬の川に転落した男性。「Siri、電話で通報して!!!!」
絶望的な状況から助け出す!!!かっこよすぎる救出劇を集めた感動の動画
【動画】ビルの窓清掃員が空中に取り残される→消防隊が全員無事に救助!!!
トップへ戻る