食物連鎖の頂点に属するために必要不可欠!地球上で最も噛む力が強力な動物10種とは?


地球上で最も噛む力が強力な動物10種

食物連鎖の頂点に属している野生動物は、自己防衛と捕食のために強い歯と強力な顎を持つ事が必要不可欠です。
どの動物がどれほどの咬傷力を持つのかというものを、実測定を含むコンピュータモデルによる試算を行い、その推定値が発表されました。
今回は、地球上で最も噛む力が強力な動物10種をご紹介します!

咬合力の測定値は、アメリカやカナダではPSI(重量ポンド毎平方インチ)と表示されています。 1平方インチ=約6.5センチ平方、1ポンド=約0.45kgとして考えると、1PSIはちょうど掌に500mlのペットボトルを乗せた程度の圧力となるのです。
ちなみに、人間でいうと成人男性のPSIは160。それを踏まえた上で、世界最強の咬合力を持つ動物を見ていきましょう!

1.海水ワニ

バイト力:3,700 PSI
フロリダ州立大学の解剖学および古生物学を教えているグレゴリー・エリクソン博士率いるチームが、現在確認されているワニ目全23種のを対象に同州セントオーガスティンワニ園にて膨大な時間をかけて、ワニと格闘しながら咬む力を直接測定した結果、世界最強の咀嚼力を持つといわれている動物は、イリエワニです。
ワニの咬合力から逃れるには、ピックアップトラックをベンチプレスできるほどの力が必要だということです。(エリクソン博士)

2.ホオジロザメ

バイトフォース:4,000 PSI
2008年、オーストラリアの科学者チームは、サメの頭蓋骨のX線画像に基づき、体長6.4メートルのホオジロザメが4000PSI近くの咬合力を生成できると推定しました。
しかし、サメの咬合力はその大きさにより異なっており、一般的なホオジロザメ(体長3.4メートル~4.6メートル)は、同サイズのワニよりも咬合力が低いという報告があります。また、4000PSIという数値も直接測定ではない為、多少の不確実性があるとされています。

3.カバ

バイト力:1,800 PSI
地球上に存在する草食動物の中で、最も強い顎の力を持つとされるのが、カバです。180度大きく開く口の中には60センチ以上の長さに成長する牙があり、それは、スイカを丸ごと簡単に咬み砕くほどの力を持つ。
因みに1800PSIという数値は、メスのカバ咬合力ということだそうです。オスに関しては、実測定するには攻撃的すぎたという報告があります。

4.ジャガー

バイト力:1,500 PSI
アメリカ大陸で最大の猫は、野生のネコ科動物の中で最もパワフルな咬合力を持っています。
ほとんどの猫科動物は、獲物を仕留めるために最初に喉を狙いますが、ジャガーは獲物の頭蓋骨をかみ砕いて殺します。その鋭い歯は、カメの甲羅でさえも簡単に突き刺すことさえできると言われています。

5.ゴリラ

バイト力:1,300 PSI
霊長類王国の中でも最強と言われているゴリラ。草食動物で、歯の強さよりも顎と首の力により強力な咬傷を与えることができます。しかし、もちろん歯も強く、臼歯で固い芽や樹皮、実、塊茎、その他の背に質の食物を噛みちぎることも可能です。

6.シロクマ

バイト力:1,200 PSI
歯が動植物の両方を処理するように設計されているほとんどのクマとは異なり、肉のみを食すホッキョクグマは、北極圏で遭遇する厚い皮膚と羽毛に覆われたアザラシやキツネなど、獲物の種類に対処できる鋭い歯を持っており、その咬傷力はとてもパワフルです。
また、ホッキョクグマは積極的に人間を狩る唯一の哺乳類とも言われている。

7.斑点を付けられたハイエナ

バイト力:1,100 PSI
ハイエナといえば、他の捕食者が残した死体を漁るイメージが強いですが、実は熟練したハンターで、自ら獲物を狩るのに十分なスキルと力を持っています。
ハイエナは驚異的な顎の力と2重歯を持っており、肉をせん断し、骨を砕くことが可能。また、大きな顎の筋肉は独自のアーチ型構造になっており、これが咬合力によって生じる力から頭蓋骨を保護する役目を果たしています。
この顎と歯によって、一旦死体に群がると跡形もなく綺麗に片づけてしまう。

8.ベンガルトラ

バイト力:1,050 PSI
猫科の中でも最も長い犬歯(6~8cm)を持つベンガルトラ。その牙を見せつけるだけでも敵を恐怖に陥れるが、見た目同様、歯の力もパワフルです。
1050PSIという咬合力は、なんとジャングルの王者ライオンのほぼ2倍である。

9.ハイイログマ

バイト力:975 PSI
巨大な足を一回スワイプするだけでヘラジカの首を切断する力があると神話でも伝えられているハイイログマ。これは、野生動物の中で最もパワフルな動物に属すると言えます。
彼らの噛む力は、ボウリングのボウルをいとも簡単に粉砕するほどだと言われています。

10.ライオン

バイト力:650 PSI
百獣の王ライオンと呼ばれているライオンですが、咬合力は650PSIであり、犬の中で最も噛む力が強いとされるイングリッシュ・マスチフの550PSIをわずかに上回るだけのレベルなのです。
しかし、ライオンは集団で狩りをする習性があるため、個々の顎の強さをさほど必要とせず、徐々にその力が後退していったのではと一部の研究者らは推測しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
実は、百獣の王ライオンは犬の中で最も噛む力が強いとされるイングリッシュ・マスチフの550PSIをわずかに上回るだけのレベルだそう。これはちょっと予想外でした…。

(References:POPULAR SCIENCE)

おすすめ記事

【動物】野生のワニをペットのように可愛がる謎の男・・・ジャングルの王者か!?
【動画】とんでもない跳躍力でライオンの群れから逃げ切るヌーがかっこいいwwwwwww
【動画】崖からダイブ。その先で待ち受けていたもの・・・これはさすがにビビる
トップへ戻る