【動画】衝撃的過ぎる・・・。100年前のエレベーターが死を覚悟するほどの怖さ

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

100年前のエレベーター

エレベーターといえば、大きなビルやお店だけでなく、マンションや病院など、今では多くの建物に設置されていますよね。高層ビルが増えてきた今の時代、欠かせない存在となっています。
そんなエレベーターですが、実は100年前から既に存在していました。しかし、その姿が衝撃的なのです…。

ヨーロッパに存在する、100年前のエレベーター「パーテルノステル」。
動画を見てもらったら分かるように、扉もありませんし、停止もしないのです…。
つまり、観覧車の時のようにタイミングを見て乗り降りをしなくてはならないのです。
最悪、タイミングを間違って圧迫死…なんてこともあり得ますよね。

こちらは1913年に作られたもので、チェコやデンマークなどで今でも稼働中だそうです。

(References:YouTube)

おすすめ記事

【動画】チェコにあるエレベーターが怖い・・・(;゚Д゚) 乗るのに勇気が必要すぎる!!!!
【画像】これは是非乗ってみたい!!世界のユニークなエレベーターを集めてみた
【画像】憧れのどこでもドアに入れる!小田急線の登戸駅が「ドラえもん」仕様になっていて可愛いと話題に

『【動画】衝撃的過ぎる・・・。100年前のエレベーターが死を覚悟するほどの怖さ』へのコメント

  1. 名前:グレタちゃんがまたグレタ 投稿日:2020/01/30(木) 13:42:09 ID:c48e5c2c6 返信

    案外もっと近年に国内にも、こういう構造のはあったわ
    炭鉱の中とかさ、あるいは、もう少しマシなので
    自分で外扉と内扉(ともに金属のスケスケな格子状なの)を手で閉めてから
    上昇のボタンを押すやつとかさ
    これは東京にも、ほんの20年ぐらい前まであったわ上野にさ

■ BAKUWARO・カテゴリ
トップへ戻る