モネの「睡蓮」の実写版のような池が日本にあった・・・シンクロ率120パーセント

LINEで送る
Pocket

岐阜の睡蓮

印象派を代表する画家クロード・モネが池を描いた作品「睡蓮」にそっくりな池が日本で発見されました。岐阜県の神社のそばにある物だそう。地元の人々もその相似には気づいていて「モネの池」と呼んでいるようです。

絵か写真か一瞬分からない・・・。

近くで見ても絵画的です。

コチラがモネの『睡蓮』。

水の質感が凄い。

花の散り具合が綺麗です。

錦鯉も立派。

草すら綺麗です。

綺麗すぎないのが逆に綺麗というパターン。

池の周辺まで綺麗。

様々な表情がありますね。

まとめ

元々この池は灌漑用の貯水池として作られたもので、1990年代に地元の人によって徐々に美しさが加えられていったといいます。モネの絵のモデルになったのはここじゃないのかと疑ってしまうほど似ていますが、モネは自分の家の庭を描いたのでそうではないのは確かですね。

しかし印象派は日本からの影響を強く受けている画派です。ある意味時代を超えた逆輸入が果たされたとも言えるかもしれません。エモい(‘ω’)

(References:MY MODERN MET)

おすすめ記事

【アート】これは面白い!!!!!→有名絵画を自撮り風にしたアートが話題に(゚ω゚)
【絶景】天の川をタイムラプス撮影→地球が自転していることがよく分かる映像が撮れる!!!
【画像】加工ソフトは一切使っていない!!自然に起こる反射を利用して撮影された美しい写真集
トップへ戻る