【驚愕】遅れてやって来る衝撃波!!!火山噴火の瞬間を間近で撮影した迫力の映像


ドンッッッッ

パプアニューギニアの火山の映像なんですが、他のよくある噴火の映像と違うのは「衝撃波」を疑似体験できること。花火の音が遅れてやって来るように、噴火が起きてから衝撃波が到着するまでにもタイムラグがあることがハッキリ実感できます。

スクリーンショット

まとめ

音の臨場感がすさまじい!

カメラも大きく揺れて、見ごたえのある映像になっています。これは貴重な火山の資料になるのではないでしょうか。

2014年にタブルブル火山という山が噴火した際に撮影されたもののようです。パプアニューギニアというとのどかで平和なイメージがありますが、こういった側面もある場所なんですね。

<ネットの反応>

・これすげー

・火山の爆発のあと、careful,shocks coming.(気を付けろ。衝撃波が来るぞ)と言っている。

・噴火規模小さめでも、これだけ近いと音もすごいなぁ…

・これ見ればあんなヤッターマンのオチみたいなキノコ雲が上がるのも道理だと思ふ。

・衝撃波が見える噴火すごい( ゚д゚ ;)

・衝撃波の広がりがめちゃくちゃクリアーに見えてる。

・このスピーカー低音最強に出るとかパワーあるとか言われても大自然のパワー見ちゃうとどうでも良くなるな?

(References:YouTube)

おすすめ記事

【動画】火山が噴火する瞬間!!!見た目はもちろん音の迫力がやばすぎる・・・
火山の噴火と同時に雷が発生している光景、完全に魔界
目の前で氷河が崩落!!!カヤックを氷と激しい水流が襲うも間一髪で助かる
トップへ戻る