子供にYouTubeを見せ続けた結果→どうしてこうなった・・・

LINEで送る
Pocket

13歳未満はやっぱりNG?

いまや小学生たちにもYouTubeは大人気ですが、小さい頃からアニメなどの代わりとしてYouTubeを見続けてしまったら子供は一体どうなってしまうのでしょうか。

様々な制限機能を利用したところで待っている未来はやっぱりこんなものかもしれない・・・と切なくなる動画です。

スクリーンショット

言うことを聞かない幼児。

仕方なくYouTubeでアンパンマンのおもちゃの動画を見せる。

効果テキメン。

すっかり夢中です。

ちょっと不安に。

翌日もYouTube漬け。

今度はそう来たか・・・。

大人しくはなりますが?

ご近所さんへの挨拶。

完全にYouTuberのノリ。

スーパーでお買い物。

「ペペローション」!?

思わぬ悪影響が。

規約にはしっかり書いてあります。

考えを固めようとした時・・・。

おっ?

英語を自然と覚えられていた。

これは・・・。

あ た り ま え

ほんとそれです。

まとめ

視聴者だけでなく、動画投稿者の低年齢化も問題になってきているYouTube。間違いなく良い影響より悪い影響を受ける確率の方が大きいはずなのに、楽だからと見せてしまう親は割と多いようです。友達が皆見ているから自分も見たい、という風に思ってしまう事もありそう。

子供用のかわいい動画に見せかけて実は子供には不適切な内容である「エルサゲート」という悪質な動画も流行ってしまっていることだし、出来るだけ見せずに済ませられたら理想的ですね。

<ネットの反応>

・まさに、YouTuberができるまでって感じだな…w
てか、年齢制限とか一応あったのね
まあ、普通に下ネタとか言いまくる人多いからなぁ…

・何々が教育に悪いだとか、いろいろクレームいれる親もダメだけど、楽だからってすぐにこういうのを見せるのもダメなんだなと思いました。(小並感)

・深刻な問題だな

・まず子供の前ではスマホあんまり見ない方がいい
絶対羨ましがる

・俺が言うことじゃないけど、うちではYouTubeの閲覧を一切禁止にしている。
ツールを与えたらとことん使いこなすのが子供だから、与えるツールは親が吟味しないとモロに悪影響出てアホな子に育つよ。

・これをユーチューブで見るっていう皮肉

・ペペローションは草

・間接的にゆたぽんをあおる配信者の鑑

トップへ戻る