【動画】とある「てんぷら屋」さんによるとんでもない職人芸が話題→常人ではとても真似できない!!

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

天ぷら

たまに食べたくなる天ぷら・・・特にお店で出されるサクサクっとした衣をまとった天ぷらの美味しさといったらたまりません!そんな美味しい天ぷらが頂ける天ぷら屋さんでのとんでもない職人技が話題となっている動画をご紹介します。

天ぷら油に素手を突っ込む!?

動画を公開したのは、ゆく nʞnʎ(@Yuku1991)さん。

スクリーンショット

衣をつけ、揚げていきます。隣には熱そうな天ぷら油が待ち構えています。

素手で天ぷら油の中へ具材を投入しています。熱くはないのでしょうか!?

豪快なパフォーマンスが話題のこちらの天ぷら屋さんは、浜松市にある「天錦 てんきん」さんというお店。

この天ぷらを素手で揚げるという動画、素人にしてみれば火傷が心配になってしまいますが、理論上も火傷しないということが分かっているようです。▼

ライデンフロスト現象

フライパンの温度が摂氏100度近くか又はそれ以上になった時、その表面に水滴が垂らされると、水滴がフライパンに接する部分が気化・蒸発して薄い蒸気の膜を作り、水がそれ以上フライパンと直接接することを阻むことになる。この蒸気は水滴がフライパンに接触する度に瞬間的に水滴とフライパンとの間で生じ、また、水蒸気の対流によって加熱された水滴の下部から常に新たな水蒸気が補給されるために、フライパンと水滴との接触はほとんど起こらなくなる。両者の接触が無いために熱の伝達が非常に遅くなり、水滴の蒸発に時間がかかる。また、この水蒸気の膜の上に浮いている水滴はフライパンとの摩擦が小さくなるため、容易に横滑りするようになる。

Wikipedia

常人では到底真似できない技。少し間違えば大火傷になってしまうところを職人の絶妙な手捌きによってあたかも普通の事のように次から次へとやってのけています。

<ネットの反応>

・見ても「は?」なるんやが

・すげえぎりっぎりのところでwwwプロだわーwww

・会社の人に教えてもらって行きましたが、美味しかったです。
味はもちろんですが、提供されるまでの手際が素晴らしく、
見惚れてしまいました。

・もう亡くなった祖母もやってましたがどういう理屈なんだこれ…
「年取ると手の皮が厚くなるんよ」
って言われて、そんなものなのかと納得しましたが
そんなわけがあるか

・実は指が衣でガードされてるので、これくらいの時間なら大丈夫。
(から揚げ10kg揚げる過程で何度も油に指入ってた実体験)
たまに指で温度はかるおじいちゃんとかいて、
あれは流石に真似できないけどw

・ここはおすすめです。まだここを超える天丼に出会えていない。

・天粉で覆われた状態なら一瞬だけ熱くないそうです。元バイト先の店長が実演してました。

・天ぷらパフォーマンスについて詳しく知りたい人は
手塚治虫の「きりひと賛歌」を読もう!

これぞまさに職人技といったところでしょうか・・・手際のよさに見惚れてしまう、さすがプロといった声が寄せられています。

こちらの天ぷら屋さんではとてもリーズナブルな価格で美味しい天丼が食べられるというところも素晴らしいですね。この職人芸は是非生で拝見し、絶品の天丼を頂きたいです。

おすすめ記事

日本人シェフがギネス世界記録達成!!183.72mの麺を作り「最も長い卵麺」に!
【動画】無限に卵を重ねていく卵サンドの作り方が衝撃的!!!
【画像】「変態ケリー」「少し刺され!」インドネシアの日本食メニューがひどいwwwwwwwwww
■ BAKUWARO・カテゴリ
トップへ戻る