【動画】「処刑映像を何百回も見た…」不適切なコンテンツを日夜チェックするSNSの掃除人の過酷な現場

処刑映像を何百回も見た…

スクリーンショット

インターネット上には児童ポルノ、自爆テロ、首切り…などの暴力的なコンテンツが無数に存在します。そんな見るに堪えないコンテンツを日夜チェックし、FacebookやTwitterなどのSNSや動画サイトから、不適切なものを削除していく“コンテンツ・モデレーター”という仕事に迫るドキュメンタリームービーが公開されています。

実際にモデレーターとして働く女性が、仕事の難しさやこれまで見た最悪のコンテンツなどについて明かしています。

<ネットの反応>

・はやくAIがこういう仕事出来るようにならないかなあ

・これはみんな知ったほうがいい… 自分も今知って驚いてる

・例えばその悲惨な映像が映画のものなら平気かもしれないけど、それが実際起きてる事なら絶対精神病む。絶対なる。

・せめて、人間がやってるなら心理的サポートしてやれよ。こんなの日本のブラック企業と変わらんやないか

・人もキツイけど動物虐待系が一番くるわ

・首切る動画見たことあるけど、まじでやばい あんなん一回見ただけでも気狂うわ

・こういうものこそAIにやらせたら

・俺なら最初の一時間で吐く、本当にこういう方々に感謝

・児童虐待より動物虐待の方が無理だわ

・グロ耐性が私は全くないからなんとも言えないけど、こんな画像を耐性がある人でも何百も見てたら精神がおかしくなりそう

本当にグロデスクな画像や動画を目にすることもなく快適にSNSを利用できているのには、裏で不適切な物を削除してくれている人達が居てくれているからであり、その仕事がどれほど大変な物なのかが動画で凄く伝わってきました。

この仕事をしている人達の精神的負担は計り知れません…。もっとAI技術が高くなってこの仕事が軽減されることを願います。

トップへ戻る