【悲報】「中学生以下」外国人向けホテルの英語が意味不明と話題にwwwwwwwwww

ここ数年日本に訪れる外国人観光客数が急増し、街中で外国人を見かける機会もグッと多くなりました。2020年には東京オリンピックの開催も決定し、日本への注目もさらに高まり、ますます訪日外国人が増加することとなるでしょう。日本が誇る“おもてなし”で訪れた外国人に良い思い出を作っていってほしいものです。

しかしそんな中、東京のとある外国人向けのホテルのトイレの使い方を説明した英文があまりにおかしいと話題になっています。

トイレの使い方を説明している英語がおかしい

ツイートを公開したのは、hiroshi ono(@hiroshimilano)さん。


普段私たちがじっくり読むことはありませんが、じっくり目を通してみると・・・

トイレの使い方を表している3つのイラストのキャプションを直訳してみると、不自然な意味になり、文章が崩壊しています。

英文のみ抜粋

The restroom sits down, and please use it.

主語がトイレになっており「トイレが座ります」というあり得ない状況に。

Please carry away the toilet paper to the restroom without putting it in a garbage can.

トイレットペーパーをトイレに向かって持ち去る」というまさかの盗難行為(?)を促す意味に。

Water flows when I push the button.

私がボタンを押すと、水が流れます」→トイレの水洗の主導権をまさかの係員に握られてしまっているというカオスな状況に!

なお、Infoseekのマルチ翻訳を使用した疑い浮上

1番目の英文をInfoseek翻訳で翻訳してみた結果、日本語説明文と一致するという結果に。

<ネットの反応>

・ウォシュレットの出るタイミング
店側に握られてるみたいでおもしろい

・トイレが座るのか(困惑)

・お前がボタン押すんかいwwwwww

・中学生にやらせた方がマシな英語文出るぞ

・1も2もまあひどいけど3の突然のIに笑いました😂
用足し終わったら「すいません流してください」って
頼まないといけないのかな…絶対嫌だ笑

・まさしくクソ。トイレだけに。

・言語の壁を超越するピクトグラムは偉大やなって

おかしな英訳に、もはや笑うしかない模様。

これから外国人観光客が増えてくるはずなので、外国人が困惑しないような環境作りを目指してしていきたいものです。

トップへ戻る