【画像】「2人で演奏するハーモニカ」が尊すぎる!?→演奏風景がまるでポッキーゲームのようだと話題に

ハーモニカといえば、郷愁を誘い心に沁みるような不思議な音色を持つ楽器です。

ハーモニカは本来一人で手に持って口を左右に動かしながら音色を奏でる楽器ですが、YAMAHAから誕生した“二人で両側から演奏できるハーモニカ”が話題となっています。

二人で演奏するハーモニカとは

画像を公開したのは、かしのき(@koaaski)さん。

1.


YAMAHA

2人で両側から演奏できる“ヤマハメロコード”というハーモニカ。そのハーモニカの構造とは、片側はドレミファソラシドの単音ハーモニカ反対側はドミソ、ファラド、ソシレなど5つの和音が簡単に吹けるコードハーモニカとなっているそうです。コードハーモニカ側は工夫次第でユニークな演奏も可能です。

2.


YAMAHA

YAMAHAの公式サイトには演奏する際は、“2人でおでこをくっつけながら演奏します”との記載があります。なんと斬新なハーモニカでしょう・・・

3.

実際に2人でおでこをくっつけながら演奏しているのを想像した図です。女の子同士で吹いてる図はなかなかのインパクトがありドキドキさせられます(笑)。まるでポッキーゲームのような緊張感を連想させます・・・

<リプライ欄の反応>

・現実は口臭のせいでかなり苦痛なパターン

・コード演奏側が受け、単音演奏(メロディー)側が攻めですかね……

・二人は幸せなハーモニカを吹いて終了。

・誰か、この楽器で百合漫画描いて下さい

・理想と現実の違いが痛感できそう()

・これはCPが滞りますね…間違いない…

画期的なハーモニカの誕生に妄想が捗りますといった声が多く寄せられています。これは推しCP(カップリング)に当てはめてみたりなどいろいろと妄想が膨らみますね・・・(^q^)

しかし実際に2人でおでこをくっつけながらやるとなると、恥ずかしさで演奏どころではなくなりそうです(笑)。

(参照元:YAMAHA

トップへ戻る