世界各国の「時間感覚」を比較したイラストが興味深い!カザフスタン「結婚式ですら遅刻が許される」など

日本人の時間厳守に対する厳しさは海外メディアでも取り上げられるほど。

JR西日本で、定刻よりも25秒早く出発してしまったことを謝罪したというニュースは、日本人の時間感覚の厳しさを象徴する出来事として世界中を駆け巡りました。

それでは、他の国の時間に対する認識はどうなのでしょう?

それを調査し表したイラストが一目瞭然の出来になっています。

世界中の人々の時間感覚


Mr.Games

海外サイト「Mr.Gamez」によって、日本を含めた15カ国の”時間感覚”の違いが調査され、それがイラストにまとめられました。

(▼以下、画像編集済み)

韓国:時間厳守は重要であり、遅刻は「敬意が足りない」とみなされる。

マレーシア:「5分遅れる」は「1時間遅れる」を意味する。遅刻には寛容で、謝罪は必要ない。

中国:予定より10分程度の誤差ならば、遅れとみなされない。

日本:1分程度の誤差でも、遅れとみなされる。

メキシコ:予定より30分程度遅れる事は珍しくない。

ドイツ:10分前行動が期待される。

ナイジェリア:「1時からミーティング」は「1時~2時の間にミーティングがスタートする」を意味する。

ブラジル:「イングリッシュタイムで」という言葉が使われない限り、時間厳守は要求されない。

サウジアラビア:時間厳守は重要でなく、会議にも30分程度遅れる事がよくある。イベント中に時計を見るのは失礼とされる。

ガーナ:会議の時間は「フレックス」である。

インド:時間厳守は美徳ではない。

モロッコ:1時間~1日遅れることを「モロッコ時間」と呼ぶ。

ギリシャ:時間厳守は重要でない。社会的には少なくとも30分は「遅れるべき」。

カザフスタン:結婚式にすら遅刻する事が許される。

ロシア:忍耐は重要視されるが、時間厳守は重要でない。遅刻に対する謝罪を期待してはいけない。

これらイラストを見ると「韓国」と「ドイツ」は時間厳守に対する姿勢が日本と似ているようです。

それに反して、「インド」では時間厳守は美徳ではない、「カザフスタン」では結婚式にすら遅刻が許されるとかなり時間に対しての認識が違う様子が分かります。

全体的にみると、時間に対する認識が緩い国がほとんどのようです。

過半数の外国人にとって時間厳守は必要なものではないようです。

(参照元:Mr.Games

トップへ戻る