【神降臨】「国民の祝日に関する法律」×「皇位継承」=来年GWに10連休爆誕か?!

祝日に挟まれた平日が休みになるというルールをご存知でしたか?これは「国民の祝日に関する法律」(内閣府)に定められています。

この法律と皇位継承が重なることで、2019年のゴールデンウイークが大変なことになるかもしれないとまことしやかに囁かれています。

来るか?!10連休!

こちらが話題のツイート▼

1.

2.


▲本来は4/30(火)と5/2(木)は平日のはずが・・・

3.


▲オセロのように休日になってしまう。(尚、解説は以下)

政府は皇太子さまが新天皇に即位される2019年5月1日を同年に限り祝日にする方向で最終調整に入った。
天皇陛下は来年4月30日に退位され、翌5月1日に皇太子さまが即位される。5月1日には「即位の礼」の第1弾として「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が予定されており、政府はこの日を祝日にするか休日にするか検討してきた。

時事ドットコム

4.

会社員にとっては喜ばしいことのようにも思えますが、意外にも賛否が出ている模様。

<リプライ欄の反応>

・サービス業の方々に黙祷

・サービス業も休まなければならない法案はよ

・休みが多いとサービス業が大変だろというリプに対して。ヨーロッパだと休みの日はサービス業も休んでます。なんなら平日の昼休みにも店閉めるし、夕方には営業終えちゃう。でもそれで怒る人なんていない。それが本来の姿なんじゃ?日本は便利すぎて自分らの首絞めてる

・お願いします止めてください(_ _) 働いている人間にとっては 辛い以外に何者でもありません。

・休暇を取れる方々には、取れない方々以上に、地域、家族に貢献して欲しいですね。

・こんな法律もいいけど、それよりも労働基準法に従い、労働基準法以上の時間、社員を勤労させた会社はその分、給料と休日を支払わなければいけないという法律の方が必要な気がする。

非正規社員やアルバイト、日給月給の方にとっても、連休は手放しには喜べないものかもしれません。しかし、まだ時間はあります。

経済面など事前にバックアップしておけば、思いきり休んで思いきり楽しめるのではないでしょうか?

トップへ戻る