「教え方がうまい人は何をしているか?」 8つの条件をまとめた表がわかりやすいと話題に!!

近年、よく話題に上がる労働問題。

一般的にブラック企業と呼ばれてしまう会社には、労働条件や人間関係など、複合的な原因があると思われます。しかし、新人への仕事の教え方を工夫してみるだけでも人事の問題はかなり改善されるかもしれません。

「教え方がうまい人は何をしているか?」

教え方がうまい人がしていることを列記した表がTwitterで話題となっています。

その条件は8つあるようです▼

(※こちらの表は、求人媒体であるWANTEDLYに掲載された記事の抜粋)

①前提の確認

②範囲提示

③構成の工夫

④アレンジメント

⑤情報量の調整

⑥スピードの調整

⑦語彙の選択

⑧ケア

おっしゃる通りですが、これらが全て完璧にできたらスーパーマンですね(笑)!

<リプライ欄の反応>

・情報量、語彙、スピード辺りが量れないんですよねえ…レベル落としすぎても馬鹿にしてると思われかねないし…

・やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ。 と少し似てますね

「5.情報量の調整」は少なすぎる場合もありますね。自分が相手をコントロールするために必要な量の情報を伝えず支配状況を意図的に作る卑怯でクズなおっさんたち。そもそも教える気がないのでこの事例集には該当しないのでしょうけどw

・良くあるフレーズ 下手な人: 何でわからないの!怒 上手い人: 説明の仕方が悪かったかなぁ

・自分の先輩、画像のように丁寧に仕事を教えていただけたのでスムーズに仕事を覚えられましたし、副産物?として「自分から考えて行動」できるようになりました( ˘ω˘ ) 学校で習った勉強とか、悪い例で教わってたから全然頭に入らず当時は問題児でしたが…笑笑

・俺全部 (まだまだな人) に当てはまってるやん、ちゃんと直そう。

・この教え方の整理、すごくよくできてる。自分自身でこういうのを作ろうとしてずーっとまえからうまくできなかったんですよ。

・これに当てはまらない教師いるよなぁ…

・自分は比喩の活用をよく使いますね。例えばなしは相手にとって理解されやすいので。

・仕事って習うより慣れろじゃないの?
教えて貰えると思うなんて甘え

引継ぎや教育で悩んでいる方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る